第6週 授業


1区教室の年中、年長クラスの第6回目の授業が終わりました。次回はテストをおこないます。


6領域の中でいうと、「生活・その他」のジャンルです。

年中クラスは手先の巧緻性というテーマで、年長クラスは分類というテーマで授業をおこないました。


手先の巧緻性とは、簡単に言うと指先を動かして脳を刺激するということを目的にしており、はさみ、ひもなどの道具を使うので、結果的に器用さも同時に身につけることができます。子どものやることですので、例えばハサミで紙を切っても切り口が汚い、まっすぐ切れない、など大人の視点では一言いいたくなると思います。しかしここは我慢です。子どもなりに試行錯誤して、上手に切れるように、上手になぞれるように頑張っています。同時に少しずつ集中力や忍耐力も育っていくのです。授業では使いませんでしたが、折り紙も、手先の巧緻性を高める一つの方法です。



分類とは、仲間分けです。例えば、台所にある食器や道具を、用途や材質にわけて仲間分けします。包丁、まな板、フォーク、おはしを「料理をするときに使うもの」、「金属でできているもの」、「木でできているもの」など様々な言い方で分類することができます。特に用途は目に見えません。見たものが全て、というのが幼児の思考ですので、普段と違った視点で物を見ることになります。分類の練習は、算数・数学でいう「集合」という概念の土台につながります。実は小学1年生の算数の教科書は、集合から始まります。



次回はテストです。学習した範囲ですが、少し背伸びする内容も含まれます。どのような結果になるか今から楽しみです。

最新記事

すべて表示

第32回【位置表象】授業

年中クラスは位置の移動(すごろくの動き方)、年長クラスは地図上の移動という内容でした。 すごろくは身近な遊びですので、簡単そうに思えますが幼児にとっては意外と難しいものです。自分自身が駒となって、サイコロの目の数だけ進むというのはできるのですが、すごろくボード上の駒を自分自身に見立てて動かすことは「他者の目線に立つ」ということですので、なかなか難しいのです。サイコロの目の数だけ前に進むだけでなく、

第31週【未測量】授業

年中は「量と重さの系列化」、年長は「重さのつり合い」を学習しました。 多い順(少ない)順に並べることは、これまで何度も学習してきたことですが、今回の年中クラスでは異なる形の入れ物に入った量を比べるという学習をおこないました。 これをおこなうと幼児の場合は、入れ物の形を考慮せずに高さで比較をする傾向にあります。例えば下の図であれば右から2番目が1番多いと答える子どもが多いです。これらを同じ形・大きさ

第30回【その他】授業

第30回はその他の領域です。 年中クラスは「行動観察・手先の巧緻性」、年長クラスは「法則性の理解」です。 行動観察とは幼稚園受験や小学校受験で定番のテーマで、例えば子どもに自由に遊んでくださいと指示を出したらどんな遊びをするか、どうお友達と関わるのか(社交性)、といったことを観察します。一人遊びを始める子、一緒に遊ぼうとお友達に声を掛ける子、おもちゃを取り合ってしまう子、様々ですが、大人の求める「

kogumakai logo-1.jpg

<Ho Chi Minh>

028-6654-2973

<Ha Noi>

098-1939-460

  • Facebook
  • Facebook

©2019 by Kogumakai. Proudly created with Wix.com