ホーチミン、シンガポールそしてバンコク


2019年5月よりバンコクでもこぐま会が始まります!


http://news-manabi.com/2349/


これでホーチミンだけでなく、シンガポール、バンコクと東南アジア3か所でこぐま会の日本人クラスが開講することになります。


東南アジアは多くの国や地域で日本より幼児教育が盛んです。

日本にいると幼児教育は少し敷居が高く感じてしまいますが、東南アジアではそうではありません。ホーチミンは開講したばかりですが、開講後数年経ったシンガポールの話を聞くと、過半数が非小学校受験生。本当に様々なニーズがあるようです。


日本だと受験生がほとんど、という環境の中に入って幼児教育を受けようという気持ちにはなかなかなれません。しかしこちらでは純粋に子どもの将来のことを考えて、保護者の方が幼児教育に、こぐま会の価値を感じて、幼児教育の必要性を考えてらっしゃる方が多いように思います。


せっかくの海外滞在、幼児教育を受けさせることも「海外滞在中ならでは」なのかな、と感じました。


こちらに詳しく書きました。お読みください。

https://www.kogumakai.com/post/1904202


ちなみにシンガポール教室はコチラ

http://www.cradle.asia/


最新記事

すべて表示

学びの習得

久々の授業報告以外のブログです。 こぐま会では市販の教材もありますので、日本で購入されてホーチミンに持ってきて家庭学習をされている方とも、これまで何名かお会いしました。そこで皆さんおっしゃっていたことが「解けない問題がある」ということです。 話を伺うと解けない理由は、だいたいどちらかかと思います。 ①まだ早い ②教材で理解させようとするからできない ①はシンプルです。まだ授業でやっていない。または

7区でイベントやります

その名も「ワクワク学びDAY!」 7区の提携学習塾KECゼミナールさんに教室をお借りして6月より新規開校することとなりました。その開講記念イベントを5月18日(土)、5月25日(土)におこないます。 ホーチミン7区にお住まいの方、ぜひご参加下さい! ホーチミンで幼児の習い事をお探しの方、ぜひご参加ください! こぐま会の説明だけでなく、父母の方に知っていただきたい幼児教育の視点や小学生の学習とのつな

幼児教育のメリットは?①

☆少し長いですが、ページ下の太字部分が結論です。 ホーチミン在住の日本人保護者の方と話をしていて、「(小学校)受験をするわけでないのに、なぜ幼児教室に通わせる必要があるのか」という話が出ました。私自身、受験は高校受験が初めて、塾通いも中学生から、という「一般的な」育ち方をしたので、私自身、このテーマは非常に興味があり、こぐま会を開講する前に何度も考えました。 最終的には保護者の方が価値を感じるかど

kogumakai logo-1.jpg

<Ho Chi Minh>

028-6654-2973

<Ha Noi>

098-1939-460

  • Facebook
  • Facebook

©2019 by Kogumakai. Proudly created with Wix.com