学びの習得


久々の授業報告以外のブログです。


こぐま会では市販の教材もありますので、日本で購入されてホーチミンに持ってきて家庭学習をされている方とも、これまで何名かお会いしました。そこで皆さんおっしゃっていたことが「解けない問題がある」ということです。


話を伺うと解けない理由は、だいたいどちらかかと思います。

①まだ早い

②教材で理解させようとするからできない



①はシンプルです。まだ授業でやっていない。または年中児に年長レベルの問題を与えても厳しい、などです。

②は奥深い話です。今日はこの話を書きます。


幼児~小学生くらいの指導で必ず講師が考えなければならないテーマは、「具体的」と「抽象的」です。



【具体的】

物事が(単に思考の対象になるだけでなく)直観的に知りうるような、姿・形を備えているさま。


【抽象的】

具体性を欠くさま。物に即して考えたり述べたりしないさま。


※手元に紙の辞書がないので、↑google検索で調べて、一番上に出てきたものです…



例えば、水の入ったペットボトルと水が入ったコップの絵が描かれたカードがあります。

6段階の水の量が入ったペットボトルを多い順に並べる(A)、6段階の水の量が入ったコップが描かれたカードを多い順に並べる(B)。


AとBの作業では、Aが「具体的」で、Bが「抽象的」と言えます。では、この6枚のカードは手に取ることができますが、テキスト(教科書)に書かれた6段階の水の量が入った絵ではどうでしょう?手に取って触れないので、カードよりも「抽象的」と言えるかもしれません。



「教材で理解させようとするからできない」ときは、具体的な事物を用意してあげればいいのです。抽象的な物で理解できなければ、具体的な物でまず指導する必要があります。これが指導の鉄則です。



小学生くらいなら、分かりやすく言い換えたり、「例えば~」と説明すれば理解できるかもしれませんが、幼児の場合、そこまでの言語能力は備わっていません。具体的な事物を操作することが理解のために必要なのです。


例えば、「3つの色の箱があります。大きさは同じです。赤は青より重くて、青は黄色より重いです。一番重いのは何色の箱ですか。」


言葉でこんな問題を出しても無理です。できません。しかしシーソーを使って、赤と青を比べ、青と黄色を比べて、「じゃあ赤と黄色はまだ比べてないね。どちらが重いかな?どちらだと思う?シーソーに載せて確かめてみようか」と、答え合わせまで事物を使えば理解できるのです。このような体験があって、初めてペーパー上で理解できるようになります。



こぐま会の3段階学習法の優位性につながる話ですが、まさに学習の本質をついた方法です。具体と抽象、ぜひ覚えておいてください。子どもの教育に必須のキーワードです。

最新記事

すべて表示

7区でイベントやります

その名も「ワクワク学びDAY!」 7区の提携学習塾KECゼミナールさんに教室をお借りして6月より新規開校することとなりました。その開講記念イベントを5月18日(土)、5月25日(土)におこないます。 ホーチミン7区にお住まいの方、ぜひご参加下さい! ホーチミンで幼児の習い事をお探しの方、ぜひご参加ください! こぐま会の説明だけでなく、父母の方に知っていただきたい幼児教育の視点や小学生の学習とのつな

幼児教育のメリットは?①

☆少し長いですが、ページ下の太字部分が結論です。 ホーチミン在住の日本人保護者の方と話をしていて、「(小学校)受験をするわけでないのに、なぜ幼児教室に通わせる必要があるのか」という話が出ました。私自身、受験は高校受験が初めて、塾通いも中学生から、という「一般的な」育ち方をしたので、私自身、このテーマは非常に興味があり、こぐま会を開講する前に何度も考えました。 最終的には保護者の方が価値を感じるかど

【速報】ホーチミン7区で始めます

1区で始まったこぐま会。 今度は7区で開講することになりました! KECゼミナールさんの教室をお借りして授業をおこないます。 まだ開校日や説明会などの日程は未定ですが、1~2カ月以内に開講します。 1区で平日夕方に授業をすると、 どうがんばっても7区から通うのは難しい。渋滞が… というお声はいただいていたのです。 近日中にご案内できるように準備を進めます。 KECゼミナールさん、本当にありがとうご

kogumakai logo-1.jpg

<Ho Chi Minh>

028-6654-2973

<Ha Noi>

098-1939-460

  • Facebook
  • Facebook

©2019 by Kogumakai. Proudly created with Wix.com