第12週 授業


年長クラスは「理科的常識の理解」、年中クラスは「手先の巧緻性」というテーマで授業をおこないました。


理科的常識の理解で具体的におこなった内容は、野菜・果物の切断をして、その断面の形や内部構造を知ること、キューピーは鏡にはどのように映るか、花の名称と季節を知る、などです。ホーチミンに住んでいると、どうしても春夏秋冬を感じることが難しいです。年中行事(正月、節分、ひな祭りなど)を幼稚園やご自宅で体験するということはできますが、野菜や果物、花の季節(旬)は意識して子どもに示さなければなりません。


野菜・果物の切断は算数の空間認識能力にもつながる話です。未来の話ですが、中学受験・高校受験で子どもが概して「わからない」と困る問題の1つが立体の切断です。たとえば立方体をナイフで切ったら、切り口がどんな形をしているか、イメージがつかないというものです。これができる子とできない子の1つの違いは、似たような体験を過去にしたことがあるか、ということです。それが原体験となり、後々理解ができるようになるのです。



手先の巧緻性は、簡単に言うと「手先を器用にしよう」ということです。もちろん器用になるに越したことはありませんが、大切なのはハサミやのりを使って作業するプロセスです。きれいに切るために、集中して目で確かめながらハサミで切る、ミスしたら修正する方法を考える、など作業中には手先だけでなく頭もフル稼働しています。ここに意味があります。


今回は製作課題として、猫、魚をハサミで切り取って、棒をつけてペープサートを作りました。第6週でも製作課題はありましたが、その時と比べて曲線が非常に多くなり、切り取りのレベルを上げています。きれいに切れる子、うまくできない子、さまざまいましたが、工作教室ではありませんので、作品の完成度を問うのではなく、製作作業のプロセスを見ています。


このような課題をおこなうとき、どのタイミングで、どのように声を掛けるかが講師には問われます。どのように紙を持ったらケガをしないように切れるか、失敗してしまったらどうしたらよいか、次はどうすればいいか、考えさせるようにしながら少しずつ声掛けをしました。



次回はテストです。

最新記事

すべて表示

第32回【位置表象】授業

年中クラスは位置の移動(すごろくの動き方)、年長クラスは地図上の移動という内容でした。 すごろくは身近な遊びですので、簡単そうに思えますが幼児にとっては意外と難しいものです。自分自身が駒となって、サイコロの目の数だけ進むというのはできるのですが、すごろくボード上の駒を自分自身に見立てて動かすことは「他者の目線に立つ」ということですので、なかなか難しいのです。サイコロの目の数だけ前に進むだけでなく、

第31週【未測量】授業

年中は「量と重さの系列化」、年長は「重さのつり合い」を学習しました。 多い順(少ない)順に並べることは、これまで何度も学習してきたことですが、今回の年中クラスでは異なる形の入れ物に入った量を比べるという学習をおこないました。 これをおこなうと幼児の場合は、入れ物の形を考慮せずに高さで比較をする傾向にあります。例えば下の図であれば右から2番目が1番多いと答える子どもが多いです。これらを同じ形・大きさ

第30回【その他】授業

第30回はその他の領域です。 年中クラスは「行動観察・手先の巧緻性」、年長クラスは「法則性の理解」です。 行動観察とは幼稚園受験や小学校受験で定番のテーマで、例えば子どもに自由に遊んでくださいと指示を出したらどんな遊びをするか、どうお友達と関わるのか(社交性)、といったことを観察します。一人遊びを始める子、一緒に遊ぼうとお友達に声を掛ける子、おもちゃを取り合ってしまう子、様々ですが、大人の求める「

kogumakai logo-1.jpg

<Ho Chi Minh>

028-6654-2973

<Ha Noi>

098-1939-460

  • Facebook
  • Facebook

©2019 by Kogumakai. Proudly created with Wix.com